よくある質問

料金について

Q ETCやクレジットカードは利用できますか?
A 佐賀県道路公社が管理する有料道路では、ETCやクレジットカードは使用できません。現金または回数通行券でのお支払いをお願いいたします。
Q 回数通行券はどこで購入できるのですか?
A 回数通行券については、通行料金支払場所(ブース)の別棟の事務所及び事務所前(厳木多久道路は自動販売機コーナー)の自動販売機で、7時から19時までの間、販売しております。なお、時間外の購入を希望される場合は、事前(当日の16時まで)に各料金徴収所事務所へ電話連絡をして頂き、車種(券種)及び通行予定時刻等をお知らせいただきましたら、ブースにて対応をさせていただきます。
Q 回数通行券の払い戻しはできるのですか?
A 回数通行券は、特別の場合を除き、払い戻しはいたしません。詳しくは、各料金徴収所事務所にご相談ください。
Q 回数券の割引率はどうなっていますか?
A 回数券の種類は、11回券、60回券、100回券があります。11回券は約1回分、60回券は約10回分、100回券は約20回分がお得です。有料道路をご利用していただく機会の多いお客様は、ぜひご利用下さるようおすすめいたします。
Q 障害者のための割引制度を利用するにはどのような手続きが必要なのですか?
A 有料道路の割引制度について
有料道路では、「身体障害者の方が自ら自動車を運転する場合」または「重度の身体障害者の方もしくは重度の知的障害者の方が同乗し、その移動のためにご本人以外の方が自動車を運転する場合」に、割引の適用を受けようとする障害者1人につき、事前に登録された自動車1台に対して、割引率50%以下の障害者割引を実施しています。この割引制度は、通勤、通学、通院等の日常生活において、自家用車を利用されている障害者のお客様に対して、通行料金を割り引くことにより、走行条件の良い有料道路を快適にご利用いただき、社会的自立をお手伝いしようという観点から導入されたものです。ご利用には事前の手続きが必要ですので、ご注意ください。 ご利用方法等については以下をご参照ください。
(割引対象道路)
・三瀬トンネル有料道路・厳木多久有料道路・東脊振トンネル有料道路
※また、平成22年4月1日より「肝臓機能の障害」について身体障害者福祉法の身体障害者手帳の交付対象に加えられたことに伴い、当公社の有料道路において料金割引の対象となりました。

ご利用方法について
【(1) 市町福祉事務所等での受付】
障害者割引を受けるためには、市町福祉事務所等で事前に登録が必要です。
登録に必要な書類等は次のとおりです。

必要書類等
  1. 身体障害者手帳又は療育手帳
  2. 自動車検査証又は軽自動車届出済証
  3. 運転免許証(障害者ご本人が運転される場合のみ)
高速道路等でETCを利用希望の方は、別途「ETCカード(原則、障害者本人名義のもの)」及び「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」が必要となります。 佐賀県道路公社が管理している有料道路では現在ETCは御利用できません。

【(2) 市町福祉事務所等での申請及び確認】
「有料道路障害者割引申請書兼ETC利用申請書」に必要事項を記入のうえ、窓口へ提出してください。
割引を受ける要件を満たしている場合、手帳に次の①~③を記載がされます。
 
  1. 本割引の対象である旨(本人以外の方の運転が認められる場合はその旨)
  2. 自動車登録番号又は車両番号
  3. 割引有効期限
ETCを利用しての割引を希望される場合は、「ETC利用対象者証明書」の発行をあわせて受けてください。

【(3) 有料道路のご利用】
料金支払い時に、料金所係員が手帳の記載事項を確認させていただきますので、必要事項が記載されたページを開いて手帳を呈示していただくか、係員に手帳をお渡しください。
料金所係員が手帳の記載事項等を確認させていただいたうえで割引をいたしますので、確認後に所定の料金をお支払いください。
手帳の記載事項の要件を満たしていない場合又は記載事項を確認させていただけなかった場合は割引ができませんので予めご了承ください。

【その他】
対象障害者の方お一人につき、一台のみ登録できます。
車種要件等により、登録できない自動車がございます。
(※レンタカー、タクシー、軽トラック、借用自動車、車検・修理時の代車、被けん引車両をけん引して通行した場合等は対象になりません。)

有料道路制度について

Q 有料道路の通行料金はどのような考え方で決められているのですか?
A 有料道路の通行料金は、一定の料金徴収期間内の(走行便益・時間便益に基づき算出した)料金収入でもって、道路の建設費、維持管理費、借入金利息などの徴収期間内の支出を全て賄うように決められています。
Q 徴収した料金はどのように使われているのですか?
A ご通行のお客様がお支払いいただく通行料金は、次の経費に、予算・事業計画に基づいて支出しています。
  1. 有料道路を建設するために借り入れた資金の元金と利息の償還
  2. 維持管理費(舗装補修、橋梁補修、道路清掃、植栽管理、電気代、融雪剤散布等)
  3. 管理経費(料金徴収業務、料金徴収機器等の保守、人件費等)
Q 各有料道路は、いつ無料開放になるのですか?
A 有料道路は、国からの借入金等で建設しています。 その建設借入金や維持管理等を利用者からの通行料金で償還していき、原則として、それらの資金を完済できた時点または一定の料金徴収期間(国の許可)満了の時点かのいずれか早い時点で無料開放となります。 近年では、鳥栖筑紫野道路が平成19年5月、国見道路が平成19年11月に無料開放になりました。

通行について

Q 二輪自動車の車種区分は何ですか?
A 排気量125cc以下の二輪車であれば軽車両、125ccを超える二輪車は軽自動車の区分になります。なお、厳木多久有料道路は自動車専用道路ですので、軽車両での通行は出来ません。
Q マイクロバスの車種区分は何ですか?
A 一般的には、乗車定員11~29人以下かつ車両総重量8t未満をマイクロバスと言い、車種区分は中型車になります。
Q 人や自転車等も通行できるのですか?
A 有料道路は人や自転車等も通行できます。人は無料ですが、自転車等は軽車両等の料金が必要となります。但し、厳木多久道路は、自動車専用道路となっているため、人及び125cc以下の車両等は通行できません。
Q トンネル内でラジオは聞けますか?また、携帯電話は利用できるのですか?
A 三瀬トンネルは、NHK福岡第一(612kHz)、NHK佐賀第一(963kHz)、KBC九州朝日(1,413kHz)、を聞くことができます。 東脊振トンネルは、NHK福岡第一(612kHz)、NHK佐賀第一(963kHz)、NHK福岡第二(1017kHz)、RKB毎日(1,278kHz)、KBC九州朝日(1,413kHz)、長崎放送(1,458kHz)、ラブエフエム国際放送(76.1MHz)、エフエム熊本(77.4MHz)、NHKエフエム(85.4MHz)、を聞くことができます。 また、携帯電話については、三瀬トンネル、厳木多久道路及び東脊振トンネルでご利用いただけます。 ただし、運転中の携帯電話の使用は、道路交通法で原則禁止されています。
Q 冬期の路面の管理はどのようにしていますか?
A 路面パトロールを行い、必要に応じて凍結防止剤の散布及び除雪をし、車輌の安全通行の確保に努めています。